ドローン関連銘柄 今後伸びそうな銘柄は?

ドローン関連銘柄が注目されているぞ。最近では、ドローンを使ってアート作品を作ったり、警備など様々なことに使うことができる。今後は、時代が経つにつれてドローンを使う会社も増えてくるだろう。そこで今回は、ドローン関連銘柄で伸びそうな銘柄を勝手に予想していこうと思う。

ドローン

drone-1080844_960_720

ドローンとは、無人の自動操縦機械である。簡単に言うと、カメラを搭載したUFOみたいなものを飛ばす感じだ。このドローンは、例えば人が入ることができない狭い場所、高い場所で活躍している。さらに、滝の裏側など行きたくても無理な場所も、ドローンを使うことで写真を撮ることもできるため、行った気持ちになることも可能だ。

しかし、最近では犯罪にも使われている。例えば、近年では首相官邸内にドローンを入れたりなど、犯罪道具として使う人もいるのだ。そのため、最近ではドローン関連の法律も作られている。法規制されてしまうことで、使用に関しても規制がかかってくるかもしれない。今後、ドローンを安全に使うための制度をどこまで整えるかが勝負だ。

ドローンを使ったレース大会も開催

camera-1836557_960_720

長崎県にある「ハウステンボス」では、2017年2月17日~19日にかけて、ドローンを使ったレースが開かれる。そのため、全国の腕自慢が集まってくる。また、ドローンには小型カメラを付けることもできるため、実際にどういうコースで飛んでいるか見ることも可能だ。

しかも、「日本ドローンレース協会」と呼ばれるところも協賛しているため、規模も少し大きなレースになるかもしれない。今後もドローン自体に改造を行って、世界一の機械を作ろうとする人も多いだろう。

安全に使えば、遊び道具にも仕事道具にもなるため、非常に使い勝手が良い。ただ、ドローンを飛ばすときは、場所によっては許可をとる必要もある。そのため、安易に色々な場所で飛ばすのは辞めておこう。

ドローンを使う自治体もある

drone-1579118_960_720

埼玉県の横瀬町では、ドローンを使って災害時に避難するマップなどを作成しようと考えている。これは、ドローンを災害や緊急支援の際に利用しようとしているNPO法人に協力をしてもらうことに決めたのだ。今回締結を結んだことを機に、実際にどういう場所で災害が起こりやすいのかを地図上に衛星画像と一緒に、分かりやすく載せようと考えている。

実際に地震や大雨など災害時に避難したとしても、場所を間違ってしまえば犠牲になる可能性もある。それを回避するために、作るという意味合いもあるようだ。
今後も、全国各地で広がっていけば、避難区域がハッキリする。そのため、何か起こったときでも、冷静に判断できるかもしれない。ぜひ今後に期待だ。

注目のドローン関連銘柄

俺が注目しているドローン関連銘柄を紹介するぞ。

【9735】セコム

「セコム」は有名な警備会社だ。そのため、ドローンを活用して敷地内に不審者がいないか見ることも可能である。この仕組みを使うことで、人件費を削減することもできるため、今後は活発化していくだろう。警備の方法が時代と共に変わるのも時間の問題だ。

【3681】ブイキューブ

「ブイキューブ」は、ドローンを活用して、上空から監視をして障害物などがないか確認している。特に、大地震や台風などがきて街中にモノが散乱したときなどは使えるだろう。今後、地方公共団体との結びつきも強くなるかもしれない。

【3156】UKCホールディングス

「UKCホールディングス」は、電子機器などを作成している。そのため、ドローンの部品を作られるのでは?と予想している。今後ドローンがメジャーになっていき大量生産が始まれば、受注も増える可能性があるためドローン関連銘柄として期待しても良いだろう。

【4829】日本エンタープライズ

「日本エンタープライズ」は、会津大学と一緒に「ドロネット」と呼ばれる技術が開発された。しかも、ドローンを展示するイベントにも出展したため注目度は高い。今後もドローンを使って荷物を運んだりなど技術向上をしていくことが予想されるためドローン関連銘柄として期待したい。

【5334】日本特殊陶業

社員が1万人を超えるマンモス会社が「日本特殊陶業」だ。ここでは、技術人が集まり高品質のセラミック製品などを製造している。そのため、ドローン本体を作ってほしいという依頼も舞い込むかもしれない。技術力も高いため要注目だ。

【6702】富士通

「富士通」では、ドローンを使ったシステムなどの開発を行っている。そのため、今後もドローンとコンピュータの結びつきを強くすることが可能だろう。今後、災害時など緊急事態のときに使える技術を今後も向上していくはずだ。

【6758】SONY

「SONY」はドローンに活用できる技術の開発を行っている。子会社がロボット関連会社と手を組んで、ドローンの新しい会社を創った。そのため、今後も技術力を上げる仕組みを作ってくれるはずだろう。今後見守りたいものだ。

まとめ

dawn-1868870_960_720

ドローンは間違いなく、今後日本にとってなくてはならないものになるだろう。このためドローン関連銘柄は注目のテーマ株だ。今まで人間の手ではできなかったことも可能になるため楽しみだ。ただし、安全に配慮して使わなければ、ドローンは危険なものというイメージが付くため評判を落とさないようにしなければならないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする