ロボットと競えますか?

人工知能の登場でロボットの存在感が世界で増している。日本経済新聞と英フィナンシャルタイムズが実施した共同の調査研究では、人が携わる約2種類の仕事のうち3割はロボットへの置き換えが可能となることが分かった。焦点を日本に絞ると主要国で最大となる5割強の業務を自動化できることも明らかになった。人とロボットが仕事を競い合う時代はすでに始まっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする