中国不動産 とまらぬ加熱

中国不動産の加熱が止まらない。国家統計局が18日発表した3月の主要70都市の新築住宅価格動向で、9割近い62都市が前月比で上昇した。北京、上海など60を超える都市が昨年以降に価格抑制策を導入したが、その効果はまだ見えない。不動産バブルを軟着陸させられるか習近平指導部は難しいかじ取りを迫られる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする