公共投資で成長かさあげ

不動産バブルの懸念も

中国の2017年1から3月の実質経済成長率は前年同期比6.9%だった。地方を中心にインフラや不動産への投資が増え、成長をかさ上げした。習近平指導部は最高指導部が入れ替わる秋の党大会をにらんで安定成長の演出に躍起だ。ただ、資産バブルの拡大など先行きのリスクは膨らんでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする