半導体関連株に資金

日米市場 スマホ向け需要期待

日米両国の株式市場で半導体関連株に資金が流入している。米ラム・リサーチなど半導体関連企業が今秋発表した2017年1月~3月期決算が堅調な内容だったのをきっかけに、相場全体よりも株価の戻りが大きくなった。背景には、スマートフォン(スマホ)の高性能化で世界的に半導体の需要拡大が続くとの期待がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする