待機児童関連銘柄 今後の時代を担う銘柄とは?

現在全国各地で問題になっているのが「待機児童」だ。2016年には「保育園落ちた日本死ね」という言葉が話題を集め、流行語として有名になったこともあり注目されている。今回は、待機児童関連で一役買ってくれそうな企業の銘柄を紹介したいと思う。

待機児童

kindergarten-1322559_960_720

待機児童とは、子供を保育園や幼稚園に入れたいと思っていても入れない児童のことを指す。現在では、主婦でも働く人が増えてきた。さらに、シングルマザーも増加中だ。ただ、待機児童を持つ親からすると、働きたくても働けないのだ。そのため、お金を稼ぐことができず貧乏な生活を送らなければいけない問題も出てきている。なぜそういうことが起きているかというと、理由は2つ挙げられるだろう。

1つ目は、保育所の数が少ないことだ。都心部だけではなく、地方においても少子化の影響で保育所を作っても利益が出ないため、建てていない場所もあるのだ。
2つ目は、保育士として働く人が少ないことだ。どうしても、子供の面倒を見るのは気を遣ってしまう。子供の親から文句を言われることもある上、さらに安月給だ。人手不足のため、児童を受け入れることができないのだ。

今後も待機児童の解消は難しい!?

kindergarten-421623_960_720

読売新聞が137の自治体に「2017年中に待機児童は解消されそうか?」というアンケートをとった。すると、49%しかできると答えなかったことがわかった。49%というと、ほぼ過半数のため多いと思う人もいるだろう。

しかし、私個人の考えとしては少ない気がする。なぜならば、解消すると言った自治体の中では、とりあえず解消できると言っておこうと世間体だけを考えて答えた自治体もあると思うからだ。

そのため、現実的には相当難しいだろう。今後も都心で暮らす子供が増えると予想されている。よって、待機児童の問題はますます深刻化する恐れもある。現代は少子化と言われているが、それでも待機児童が増えるという真逆な感じもある問題に、自治体がどう対応していくかも今後大事なことだと言えるだろう。

待機児童は2015年から増加中

nursery-1078923_960_720

待機児童について、2015年16年と増回していることも分かっている。そのため、政府に対しても不信感を持っている国民も多い。待機児童についての目標も国が掲げていたが、それを達成するのも難しそうだ。

色々と政府は行っているが、ほかの対策に予算を回すよりも、待機児童関連に予算を回した方が良いのではないかと言う人もいる。そのため、今後の政府の動き方によって、待機児童関連で経営している会社は、どう転がるか分からない。ただ共通して言えるのは、待機児童を減らさなくてはならないということだ。

そのため、国や自治体に頼らず、解決の方向へ導いてくれる会社が現れると、一気に風向きは変わるかもしれない。今後も国の政策をしっかりと見守っていきたいものだ。

注目の待機児童関連銘柄

俺が注目している待機児童関連銘柄を紹介する。

【2168】パソナグループ

「パソナグループ」といえば、人材派遣会社だ。そのため、いかにたくさんの保育士を派遣できるかにかかっている。さらに、総合福祉事業と呼ばれる名目で、事業展開もしているため、待機児童の問題に一役買ってくれそうな会社だと言えるだろう。

【9783】ベネッセホールディングス

「ベネッセホールディングス」も保育園展開をしている会社の1つだ。しかも幼児向けへの教材の販売なども行っているため、保育園からの受注なども期待できる。今後もどのぐらいの発注数があるかは分からないが、ひとまず待機児童関連銘柄として注目しておきたい会社である。

【7956】ピジョン

ピジョンは、待機児童について真剣に取り組んでいる会社だ。例えば、待機児童に関する保育費用の援助制度を作ったりと、女性が働きやすい職場づくりを目指している。さらに、幼児向けの製品も販売しているため、今後も世間にアピールできるチャンスがあると思うため待機児童関連銘柄としておすすめした。

【6065】サクセスホールディングス

「サクセスホールディングス」も、保育園や企業内託児所の運営展開を行っている。会社自体は、どちらかというと新しい方だが、今後待機児童解決に向けさらなる取り組みをしてくれるだろう。待機児童を救う会社だと俺は思う。

【2042】ライク

「ライク」も保育園などを運営している。しかも総合人材サービスを行っている。そのため将来的には保育士を派遣する事業を大きくするのでは?と若干期待している。人材教育もウリにしている会社なので、待機児童関連銘柄として大いに期待したいものだ。

【2749】JPホールディングス

「JPホールディングス」は、保育園を運営している大手の会社だ。運営している施設数も相当多く、保育士が育休をとっても復帰しやすい環境も作っている。そのため、この会社が待機児童の「キーパーソン」になると言っても過言ではないかもしれない。

【3577】東海染工

「東海染工」の子会社である「トットメイト」が、2016年に保育事業を拡大していくことが発表されている。そのため、今後待機児童問題にも、深く関わることが予想される。ただ、どういった形で関与していくのは、イマイチ見えてこない部分もあるため、様子を見ながら買いたいものだ。

まとめ

swing-932249_960_720

待機児童は、今後も日本で問題視されるだろう。これが解決できなければ、女性の社会進出もなかなか進まないだろう。今後も、どういう流れで待機児童問題が解消されていくのか見守りたいものだ。政府のちょっとした発表で株価に影響を及ぼす可能性もあるため、様子を見ながら株投資をしていこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする