米韓「挑発なら報復」

北朝鮮の核・ミサイル開発の阻止に向けて、トランプ政権は警告の度合いを最大限に引き上げた。朝鮮半島に集結したアメリカの軍事力を背景に、ペンス副大統領は、問題解決への軍事行動も辞さない姿勢を改めて示し、中国にも北朝鮮への影響力行使に動くよう一段と圧力をかけた。米朝攻防はヤマ場に向かっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする