緊迫の国際情勢リスクに備えを

G20財務相会議閉幕

20ヵ国・G20は、世界経済の見通しが回復基調にあるとの認識で足並みをそろえた。為替政策では通貨安競争の回避も確認。ただ北朝鮮情勢など緊迫化する国際情勢が将来のリスクになり得るとして、各国が経済を強固にして備えを固めていく必要があるとした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする