習氏盟友の親族調査 広がる波紋

中国の習近平国家主席が「盟友」である王岐山・共産党中央規律検査委員会初期の親族の資産状況を調べるよう、公安幹部に指示していたとする中国人富豪の発言が波紋を広げている。この発言を打ち消す狙いとみられる謎の動画も中国国内で出回る。最高指導部が入れ替わる5年に1度の党大会を秋に控え、中国で権力闘争の影が広がる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする