脱石油 目覚める大国

サウジアラビアが大きな変化を模索している。寛大な福利精度や厳しすぎるイスラム教規律は社会の現実に合わなくなった。アメリカの影響力が後退する中、地域の盟主として役割も求められる。中東の「眠れる大国」の目覚めは地域の安定で大きなカギを握る。エネルギー資源を依存する日本やアジアにとっても、人ごとではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする