豪子会社、1700人削減

東南アジアで業務支援

日本〒が国際物流事業の戦略見直しを迫られている。オーストラリア物流子会社、トール・ホールディングスの業績不振を受け、同社を足場に企業向け物流事業を広げる路線がつまずいたためだ。トール自体は1700人の人員削減や組織改編などを進めて業績回復をめざすが、国際物流を巡る日本郵便の事業環境は厳しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする