追加制裁視野に

核・ミサイルで挑発を続ける北朝鮮をめぐる米朝の工房が延長戦に入った。北朝鮮は朝鮮人民軍創建85年に当たる25日、警戒された核実験や弾道ミサイル発射を封印した。挑発カードを温存する一方で、最大規模の軍事演習を実行、アメリカは警戒を解かない。朝鮮半島近海への軍事展開を進め、日中韓との連携をテコにした包囲網を強めた。米朝の駆け引きは出口の見えない展開となってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする