首脳会談で合意へ

安部首相がロシアのプーチン大統領と開く首脳会談で合意する官民の経済協力の概要が明らかになった。日本の先進的なITを使った交通渋滞の暖和や三井物産とロシア製薬大手の資本提携など、官民合わせて約20の覚書を結ぶ。都市開発や医療分野でも日本起業のロシア進出を活発化すると同時に、経済協力を深めて北方領土交渉の環境を整えたい考えだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする