【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月1日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■アスクル <2678>
9月売上高は前年同月比8.3%増と今期に入り4ヵ月連続で前年実績を上回った。

■新都ホールディングス <2776> [JQ] ラカラジャパンと代理店契約を結び、「アリペイ」「WeChat Pay」といったQR決済サービスの国内導入開拓と訪日中国人向けインバウンドプロモーションサービスの斡旋紹介業務を開始する。

■シンデン・ハイテックス <3131> [JQ] 発行済み株式数(自社株を除く)の5.26%にあたる11万株(金額で1億8700万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月2日から19年1月31日まで。

■クリエイトSDホールディングス <3148>
6-8月期(1Q)経常は4%増益で着地。

■ホットランド <3196>
お好み焼飲食店「ごっつい」を展開するアイテムの全株式を取得し子会社化する。

■イントランス <3237> [東証M] 今期経常を50%上方修正。

■ツルハホールディングス <3391>
ジェネティックラボが提供する子宮頸がんの自己検査キットを首都圏店舗で販売開始。

■フェリシモ <3396>
上期経常を6.8倍上方修正。

■GA technologies <3491> [東証M] 不動産仲介会社向けの営業支援クラウドシステムを運営するイタンジの全株式を取得し子会社化する。

■フィックスターズ <3687>
SHIFT <3697> [東証M]との合弁会社でビッグデータを活用したソフトウェア検証業務を開発するアイ・イー・テックの全株式を取得。SHIFTとは新たにパートナー契約を締結。

■アプリックス <3727> [東証M] 球状太陽電池を開発するスフェラーパワー社と太陽光発電技術を利用したBeacon(ビーコン)の共同開発で合意。

■ALBERT <3906> [東証M] 東京海上日動火災保険と資本業務提携。損害保険領域におけるデータ分析や人工知能を活用した業務効率化などで協業する。資本面では東京海上日動が同社株式4万6800株(発行済み株式数の1.66%)を取得する。

■リケンテクノス <4220>
デザイン企画会社のアイエムアイの株式を取得し子会社化。

■ソースネクスト <4344>
通訳機「ポケトークW」が東京駅構内の商業施設7エリアで、外国人旅行者向けの接客ツールとして実証実験開始。

■小野薬品工業 <4528>
京都大学の本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞。免疫チェックポイント分子「PD-1」を発見したことが評価された。同社のがん治療薬「オプジーボ」は「PD-1」の免疫のブレーキ役となる機能を生かして開発されたもの。

■カイオム・バイオサイエンス <4583> [東証M] 小野薬品工業 <4528> と新規抗体作製および抗原・タンパク質調製などに関わる追加の業務委受託契約を締結。

■イマジニア <4644> [JQ] ニンテンドースイッチソフト「LITTLE FRIENDS -DOGS & CATS-」を12月6日に発売。同タイトルは犬や猫のリアルな育成シミュレーションゲーム。

■オリエンタルランド <4661>
上半期(4-9月)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの合計入園者数は前年同期比5.0%増の1551万8000人と上半期過去最高を達成。

■日本フイルコン <5942>
6-8月期(3Q)経常は26%増益。

■ソラスト <6197>
施設系を中心とした介護サービスを展開するJAWAを買収。また、チャーム・ケア・コーポレーション <6062> [JQ]が関西で運営する介護付有料老人ホーム2施設を譲受。

■インスペック <6656> [東証2] 9月受注額は前年同月比4.4倍の2.6億円。

■武蔵精密工業 <7220>
自動車用の球状黒鉛鋳鉄素材・機械加工メーカーである浅田可鍛鋳鉄所の全株式を取得し子会社化する。

■ワークマン <7564> [JQ] 9月既存店売上高は前年同月比28.1%増と大幅増収を達成。

■IDOM <7599>
豪州の新車ディーラーグループ、AWMグループを買収。

■松屋 <8237>
9月銀座本店売上高は前年同月比2.0%増。

■キユーソー流通システム <9369>
6-8月期(3Q)経常は14%増益。

■ダイセキ <9793>
上期経常が4%増益で着地・6-8月期も8%増益。

【悪材料】  ――――――――――――

■あみやき亭 <2753>
7-9月期(2Q)経常は4%減益。

■メディカル一光 <3353> [JQ] 上期経常が33%減益で着地・6-8月期も23%減益。

■メディカルネット <3645> [東証M] 6-8月期(1Q)最終は赤字転落で着地。

■KeePer技研 <6036>
9月既存店売上高は前年同月比6.1%減と4ヵ月ぶりに前年割れとなった。

■ディスコ <6146>
19年3月期第2四半期(7-9月)個別売上高は前年同期比2.8%減の346億円。

■象印マホービン <7965>
今期経常を13%下方修正。

■しまむら <8227>
今期経常を一転8%減益に下方修正。

■高島屋 <8233>
9月売上高は前年同月比3.2%減。

※10月1日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2018年10月1日]

株探ニュース(minkabu PRESS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする