トヨタ、英生産休止も、合意ないEU離脱なら。

 【パリ=深尾幸生】トヨタ自動車は1日、英国の欧州連合(EU)離脱が条件合意のない「合意なし離脱」になった場合、英国での生産を一時的に休止すると明言した。英国とEUとの間で物流が混乱し、部品を調達できなくなるため。ディディエ・ルロワ副社長(欧州トヨタ会長)は「数日から数週間、大混乱が生じる。生産休止を避ける方法はない」と述べた。
2日に開幕するパリ国際自動車ショーを前に日本経済新聞などの取材に明らかにした。ルロワ副社長は「工場が競争力を保てるなら困難な決定をする理由はない」と述べ、英政府に無関税の維持などを求めた。
トヨタは英国中部のバーナストン工場で2017年に14万4千台を生産した。部品の多くはEUから調達し、完成車の8割をEU27カ国に輸出している。生産効率を高めるため、部品の在庫を4時間分しか持たない。ドーバー海峡を渡って工場に部品を納めており、部品の流れが滞ると自動車生産はすぐに止まる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする