百会「ひゃくえ」

「百」という数字は、もろもろの・数が多い・た くさんのという意味をあらわします。すなわち、 からだの働きに関係するもろもろの道すじが、一 堂に集まり会する場所が、頭のてっぺんにある百 会のツボというわけです。 百会のツボは応用範囲が広く、多くの症状に効 果があるのは、そうしたツボ名の由来にも関係し ています。 [ツボの見つけ方] 頭頂部のほぼ中央にあるツボ です。左右両耳を前に折り曲げ、その最上端から 頭のてっぺんに向かって上がった線と、左右の眉 の間の中央からまっすぐ上がった線の交差する点 をとれば、正確に頭頂部の中央を見つけることが できます。

また、眉の間からまっすぐ上がった頭の中央を 通る線で、額と衿足の髪の生えぎわから生えぎわ までを一二等分すれば、このツボはちょうど、額 の生えぎわから五、衿足の生えぎわから七ぐらい の位置になります。ここを指先で押すと、軽い痛 みが感じられます。 [治療の効果] たいへん応用範囲が広く、指圧や

お灸、鍼治療などによく用いられます。たとえば、 血圧の変化や異常によるめまい・立ちくらみのほ か、乗り物酔い、二日酔いなどといった全身症状 の治療に効果があります。

また、疲れ目、鼻づまり、さまざまな病気が原 因で起こる頭痛・頭重、耳鳴り、寝違えや首・肩 のこり、脱毛症の予防、痔などにも効果がありま す。

頭のてっぺんからまっすぐからだの芯に抜けるように指圧するのが治療のコツです。これによっ て、精神的なものが影響して起こる症状も含め、さまざまな病気が原因で起こる頭のぼんやりした 、一 感じがスッキリしてきます。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする