3年ぶり高水準“12月IPO”、マーケット期待の銘柄は <株探トップ特集>

―佐川急便持ち株会社SGHDなど大物も登場、注目はハイテク系メーカーか―

年末に向けたIPOラッシュが始まる。11月はあすから4社が上場し、12月は23社が新規上場する予定だ。2017年のIPO銘柄数は91社程度となり前年に比べ増加する見込み。足もとで、中小型株の上昇機運が膨らむなか「IPO銘柄には追い風の環境」(市場関係者)との見方も出ている。ただ、その一方で「数は多いが目玉となる企業が不在。銘柄間でパフォーマンスに差が開く可能性も」(同)と指摘する声も出ている。

●17年のIPO数は90銘柄台に増加、小型株には追い風も

今年も年末IPOのシーズンが迫ってきた。特に12月は23社の上場が予定されている。これは単月ベースでは14年12月(28社)以来、3年ぶりとなるハイペースだ。12月の新規上場企業は、東証マザーズが9社、ジャスダックが3社(ABホテル <6565> は名証2部と重複上場)、東証2部が3社、名証2部が2社、セントレックスが1社、東証1部あるいは2部が6社という内訳となっている。なかでも12月13日は今年最大規模の上場企業となるSGホールディングス <9143> [東証]など4社が登場するほか、18日も同じく4社が同時上場する。「13日と18日はともに大安吉日であり、IPOが集中したようだ」(アナリスト)とも言われている。

そのIPOラッシュの第一陣はあすから始まる。28日にはポエック <9264> [JQ]と幸和製作所 <7807> [JQ]、クックビズ <6558> [東証M]の3社、29日のトレードワークス <3997> [JQ]が登場する。その後、12月7日に名証セントレックスに上場するアトリエはるか <6559> [名証C]を経て、12日の一家ダイニングプロジェクト <9266> [東証M]、ヴィスコ・テクノロジーズ <6698> [JQ]が登場し、それ以降は本格的な上場ラッシュとなる。17年の年間IPO銘柄数は91社に達し、16年の80銘柄台から増加することになる。

●年内最大規模のSGホールディングスなどに強弱感

市場関係者からは「東証1部上場の大型株人気が一服するなか、足もとで小型株に物色の矛先が向いていることはIPOには追い風となる」との期待が出ている。ただ、一方で小型株アナリストからは「12月のIPO数は多いが、目玉案件は見当たらない。公募は実施せず、売り出しのみの企業も少なくない。東証1部上場が予想される企業も多いだけに、荷もたれ感が出てこないかを懸念している」との見方も出ている。

年内のIPOが期待されたフリマアプリ大手、メルカリの年内上場が見送られたことも響いた格好で、知名度の高い企業は佐川急便を傘下に持つSGHD程度だ。そのSGHDに関しては「アジア物流への注力は評価できるが、宅配便など国内事業の今後をどうみるか」(市場関係者)がポイントとなっている。

●成長性あるハイテク系メーカーに期待感

そんななか、今後のIPOラッシュではどんな銘柄が人気を集めるのだろうか。あすからの11月分IPOは、クックビズは飲食業界向け人材派遣を手掛けているほか、幸和製作所は福祉用具を手掛け、高齢化関連でも期待されている。

12月IPOでは「成長性のあるハイテク系メーカーに注目したい」(アナリスト)という見方が少なくない。13日にジャスダックに上場するヴィスコ・テクノロジーズは画像処理検査装置を手掛け、半導体や自動車業界向け設備投資などでの成長を期待する声が多い。また、20日に東証1部または2部へ新規上場するオプトラン <6235> [東証]は、光学部品などの表面に各種機能膜を成膜(コーティング)する光学薄膜装置の製造・販売を手掛けている。

13日に東証1部または2部へ新規上場するマツオカコーポレーション <3611> [東証]はアパレル品のOEM製造を手掛けているが、ファーストリテイリング <9983> 向けの売上比率が高く「ユニクロ関連銘柄」としても、市場の関心を集めている。サービス業関連では、15日に東証マザーズに上場するHANATOUR JAPAN <6561> [東証M]が、韓国からの日本向け旅行の手配業務などを手掛け、インバウンド関連銘柄として評価されている。12日に東証1部または2部へ新規上場するカチタス <8919> [東証]は、戸建て空き家の買い取りを行っており、「空き家」対策関連として注目する見方がある。

●ヴィスコテクノ、オプトラン、すららネットなど注目

18日に東証マザーズに上場するすららネット <3998> [東証M]は、オンライン学習教材の提供を行っているが、「低学力の子供も対象としており、ブルーオーシャン市場を開拓している」(アナリスト)と評価する声が出ている。また、18日に東証マザーズに上場するジーニー <6562> [東証M]はインターネットプラットフォームを活用した広告事業を展開。IPOで人気のあるアドテク関連銘柄として期待されている。

変わったところでは、14日に東証1部または2部に上場するアルヒ <7198> [東証]は、フラット35を中心とする住宅ローン事業を展開。韓国証券取引所に上場していたSBIモーゲージ(15年2月に上場廃止)が社名変更し、東証へ上場する。18日に東証マザーズに上場する歯愛メディカル <3540> [JQ]はTOKYO PRO Marketからジャスダックへ上場する初の昇格銘柄となる。ただアルヒ、歯愛メディカルともに売り出しのみの案件となる。

◆12月に向けたIPOスケジュール◆

上場日  市場・コード   社名
11月28日 JQ・9264    ポエック
11月28日 JQ・7807    幸和製作所
11月28日 東マ・6558    クックビズ
11月29日 JQ・3997    トレードワークス
12月 7日 名セ・6559    アトリエはるか

12月12日 東マ・9266    一家ダイニングプロジェクト
12月12日 東証・8919    カチタス
12月13日 東証・9143    SGホールディングス
12月13日 JQ・6698    ヴィスコ・テクノロジーズ
12月13日 東証・3611    マツオカコーポレーション

12月13日 東マ・3486    グローバル・リンク・マネジメント
12月14日 東証・7198    アルヒ
12月14日 東マ・6560    エル・ティー・エス
12月15日 東マ・6561    HANATOUR JAPAN
12月15日 東マ・2334    イオレ

12月18日 東マ・6562    ジーニー
12月18日 東マ・3999    ナレッジスイート
12月18日 東マ・3998    すららネット
12月18日 JQ・3540    歯愛メディカル
12月19日 東マ・6563    みらいワークス

12月20日 東証・6235    オプトラン
12月20日 東証・4249    森六ホールディングス
12月21日 東2・7199    プレミアグループ
12月22日 名2・6564    ミダック
12月25日 東2・6566    要興業

12月25日 JQ 名2・6565  ABホテル
12月26日 東2・9268    オプティマスグループ

注:東マは東証マザーズ、JQはジャスダック、名セは名証セントレックス。
東証は東証1部あるいは2部に上場。

株探ニュース(minkabu PRESS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする