【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月29日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■カルビー <2229>
中国国内EC参入に向けて杭州市に新会社を設立。「フルグラ」の販売拡大を目指す。

■メディネット <2370

チャート画像

> [東証M] 18年9月期第1四半期に投資有価証券売却益3.7億円を特別利益に計上する。

■まんだらけ <2652> [東証2] 10月売上高は前年同月比2.9%増。

■アスクル <2678>
11月売上高は前年同月比1.4%増と3ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ゲンキー <2772>
今期配当を2.5円増額修正。

■ラクーン <3031>
上期経常は7%増益で着地。

■ジェイグループホールディングス <3063> [東証M] 名古屋市に保有する土地・建物の売却に伴い、売却益2億円を計上する。また、焼き鳥店「博多かわ屋」を運営するかわ屋インターナショナルの株式を取得し子会社化する。

■日清紡ホールディングス <3105>
発行済み株式数(自社株を除く)の8.59%にあたる1500万株(金額で200億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月5日から18年3月22日まで。

■ロードスターキャピタル <3482> [東証M] 今期経常を1%上方修正・最高益予想を上乗せ。

■サイバネットシステム <4312>
ドローン計測データの可視化用に簡易ビューアーを開発。

■ビーマップ <4316> [JQG] 公衆無線LANの業界団体である無線LANビジネス推進連絡会から、災害時統一SSID「00000JAPAN」を用いた災害時Wi-Fiを提供する事業者の認定を受けた。

■インフォメーション・ディベロプメント <4709>
セゾン情報システムズ <9640> [JQ]子会社でシステム管理を手掛けるフェスの全株式を取得し子会社化する。取得価額は20億円の予定。

■ミルボン <4919>
今期配当を10円増額修正。また、12月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■ポーラ・オルビスホールディングス <4927>
今期配当を15円増額修正。

■リプロセル <4978> [JQG] 米・キューセラピューティクス、共同創業者Mahendra Rao博士とiPS細胞医薬品の共同研究について基本合意。iPS細胞を活用した新たな中枢神経系疾患の治療法を開発する。

■三菱マテリアル <5711>
不動産賃貸事業を手掛ける子会社の三菱マテリアル不動産の全株式を米投資会社フォートレスに売却。

■日東精工 <5957>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.79%にあたる30万株(金額で2億4000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は11月30日から12月22日まで。うち15万株を30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で(買い付け価格は29日終値の609円)買い付ける。

■日特エンジニアリング <6145> [JQ] 精密FA設備を生産する福島、長崎両事業所の工場を拡張。投資総額は約18億円。

■トリニティ工業 <6382> [東証2] 発行済み株式数(自社株を除く)の10.99%にあたる200万株(金額で19億円)を上限に、30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は29日終値の890円)を実施する。

■グレイステクノロジー <6541> [東証M] レオス・キャピタルワークスが29日付で財務省に提出した変更報告書よると、レオスの同社株式保有比率は10.79%→12.46%に増加した。

■スター精密 <7718>
約7億円を投じ、中国工作機械事業の製造子会社に新工場棟を建設。

■アーク <7873>
三井化学 <4183> の子会社エムシーインベスト01を通じてTOB(株式公開買い付け)を実施し連結子会社化を目指す。TOB価格は1株100円で29日終値を9.1%下回る水準。買い付け期間は11月30日から18年1月17日まで。

■日本紙パルプ商事 <8032>
発行済み株式数(自社株を除く)の4.05%にあたる60万株(金額で24億8700万円)を上限に、30日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は29日終値の4145円)を実施する。

■SOMPOホールディングス <8630>
来年1月からサイバーセキュリティ事業に参入。

■極東証券 <8706>
第3四半期に投資有価証券売却益11.2億円を特別利益に計上する。

■明豊エンタープライズ <8927> [JQ] 東京都大田区大森西に収益用不動産を取得。仕入価格は17年7月期末日における連結純資産額の30%未満。

■セゾン情報システムズ <9640> [JQ] 今期最終を54%上方修正・最高益予想を上乗せ。

【悪材料】  ――――――――――――

■バナーズ <3011> [東証2] 今期経常を39%下方修正。

■ファンドクリエーショングループ <3266> [JQ] 今期経常を一転54%減益に下方修正。

■ファーストブラザーズ <3454>
今期経常を一転19%減益に下方修正。

■内田洋行 <8057>
8-10月期(1Q)経常は13%減益で着地。

※11月29日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2017年11月29日]

株探ニュース(minkabu PRESS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする