【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月1日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■K&Oエナジーグループ <1663

チャート画像

>
子会社の大多喜ガスが発電事業者の五井コーストエナジーへ出資。併せて総合エネルギー事業を推進する一環として電力小売事業に参入する。

■ケア21 <2373> [JQ] 首都圏で訪問看護サービスを展開するナースセントラルの株式を取得し子会社化する。

■伊藤園 <2593>
上期経常が8%増益で着地・8-10月期も8%増益。

■ロック・フィールド <2910>
上期経常は一転4%増益で上振れ着地。

■RS Technologies <3445>
中国半導体マーケットへの参入を目指し、現地企業2社と合弁会社を設立。また、合弁先GRINM社の子会社でシリコンインゴットやプライムウエハーの製造販売を手掛けるGRITEKを連結子会社化する。

■プロパティエージェント <3464> [JQ] 東証はプロパティAを8日付で東証2部に市場変更する。

■大和コンピューター <3816> [JQ] 帝燃産業と「LPガス暖房を用いた施設園芸ハウスにおけるメロン栽培での環境制御」を共同研究。

■日本一ソフトウェア <3851> [JQ] スマートフォン向けゲーム「真 流行り神」の国内配信を開始。

■Ubicomホールディングス <3937> [東証M] 東証がUbicomを8日付で東証1部に市場変更する。

■マネーフォワード <3994> [東証M] 執行役員の神田潤一氏がFintech協会の理事に就任。

■レイ <4317> [JQ] テレビ朝日ホールディングス <9409> と資本業務提携。コンテンツを活用した事業展開や映像技術分野などで連携する。資本面では同社がテレ朝HDを引受先とする第三者割当により143万4900株の自己株処分を実施するほか、テレ朝HDは分部至郎社長と主要株主から143万0900株を買い取る。これにより同社はテレ朝HDの持分法適用会社となる。

■UMNファーマ <4585> [東証M] 有効性および生産性の高い新規ワクチンの創出を目的とした医薬健栄研との共同研究で、同社が保有するワクチン候補抗原の対象範囲を拡大する。より広範囲に新規ワクチンをはじめとする最先端バイオ医薬品の探索を行う。

■クミアイ化学工業 <4996>
前期経常を29%上方修正。

■アイ・アールジャパンホールディングス <6035> [東証2] 株式投資型クラウドファンディング株主マッチングサービス「FUNDINNO」を運営する日本クラウドキャピタルと業務提携。

■オカアイヨン <6294>
東証が4日付で貸借銘柄に選定。株式流動性の向上による売買活性化が期待される。

■セガサミーホールディングス <6460>
プレイステーション用ソフト「ペルソナ5」の全世界累計出荷数が200万本を突破。

■スズデン <7480>
11月単体売上高は前年同月比18.4%増と好調を維持した。

■ワークマン <7564> [JQ] 11月既存店売上高は前年同月比3.4%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。

■マルカキカイ <7594>
工具関連の消耗品商社、北九金物工具の全株式を取得し子会社化する。

■京都きもの友禅 <7615>
11月受注高は前年同月比16.2%増と8ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■高島屋 <8233>
11月の国内百貨店売上高は前年同月比3.8%増。

■松屋 <8237>
11月銀座本店売上高は前年同月比11.4%増だった。

■松井証券 <8628>
11月の株式売買代金は1日平均で前月比8.5%増の1680億円だった。

■日本エスコン <8892>
今期経常を23%上方修正、配当も3円増額。発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる90万株(金額で4億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月11日から18年2月28日まで。

■青山財産ネットワークス <8929>
空き家・空き地の活用コンサルティング事業を開始。

■王将フードサービス <9936>
11月既存店売上高は前年同月比1.1%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

【悪材料】  ――――――――――――

■カワチ薬品 <2664>
11月既存店売上高は前年同月比2.4%減と5ヵ月連続で前年割れとなった。

■串カツ田中 <3547> [東証M] 東証と日証金が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■児玉化学工業 <4222> [東証2] 東証と日証金が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■ゼネラルパッカー <6267> [JQ] 今期経常を一転19%減益に下方修正、配当も4円減額。

■タクミナ <6322> [東証2] 今期経常を一転14%減益に下方修正。

■Orchestra Holdings <6533> [東証M] 東証と日証金が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■トップカルチャー <7640>
前期最終を一転赤字に下方修正、対純資産で34%の赤字。

■ダイイチ <7643> [JQ] 11月既存店売上高は前年同月比0.6%減。

■ピープル <7865> [JQ] 非開示だった今期経常は19%減益へ。10月売上高は前年同月比16.5%減の3.9億円だった。

■愛知銀行 <8527>
三菱東京UFJ銀行による65万2000株の売り出しと、オーバーアロットメントによる上限9万7800株の売り出しを実施する。売出価格は11日から14日までの期間に決定される。

【好悪材料が混在】 ―――――――――

■日本プラスト <7291> [東証2] 東証が日本プラストを21日付で市場1部に指定替えする。今期配当を2円増額修正。一方、自己株処分による317万5000株の売り出しと、オーバーアロットメントによる上限47万5000株の売り出しを実施する。売出価格は11日から13日までの期間に決定される。

※12月1日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2017年12月3日]

株探ニュース(minkabu PRESS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする